男性着物の人気上昇 着物買取では女性=染め、男性=織り

着物買取をしたいと考えているのなら着物について知っておいたほうがいくつかあります。着物にはTPOに合わせて着る種類が決まっています、それは着物には格があり場面によって種類を使い分けなければならないからで、着慣れないと敷居が高いですが着物買取にどのような需要があるのか知るのは有意義なことです。 

格は第一礼装、準礼装、外出着、普段着と区別され、女性用の第一礼装は打掛、黒留袖、本振袖、喪服となっています。第一礼装で着る打掛は結婚式の花嫁衣裳で、黒留袖は既婚女性の礼装で花嫁の母や親戚が着るもので五つ紋で白の比翼仕立てです。 紋の数は格を表しており五つが最高ですし、比翼があったほうが格上となります。本振袖は大振袖とも呼ばれており総柄で袖が長いのが特徴で未婚女性の礼装です。 黒紋付は喪の席に着る五つ紋付の黒一色の着物です。

女性の準礼装には色留袖、訪問着、色無地、振袖とあります。色留袖は既婚未婚共に着ることができます、訪問着、色無地は一つ紋を付けて礼装とします。 中振や小振袖などの振袖は未婚女性の準礼装で袖が長いほうが格上となります。外出着はバリエーションが豊富で付け下げ、小紋、紬、絞りなどがあり、普段着は紬や絣やウールや浴衣など手軽に着られるものがあります。

男性着物は女性着物のように既婚や未婚などの区別はないですし、種類も女性のように豊富ではありませんが礼装ははっきり区別がありその他は外出着というようなくくりになっています。 男性の第一礼装は五つ紋付と羽織袴です。

黒羽二重五つ紋付が最高位で花婿や仲人がこれを着るとされています。続いて色紋付となっており、グレーや茶や紺などの色や縮緬、綸子といった素材で個性を出します。 男性着物の外出着には紬やウールなどがありますが、中でもお召縮緬と呼ばれる織りの着物があり特殊に縒った糸を織り上げる工法でこしがありしっとりした着物に仕上がっており、徳川家斉が好んで着たことから最高級とされて第一礼装に次ぐ格を持っています。

最近では男性の着物志向が高まっていることもあって普段着使いできる織りの着物が人気があり、着物買取においても人気に比例した需要が高まっています。 女性=染め、男性=織りと言われるほど着物買取でも織りは人気が高く価格も高騰しており、お召を筆頭に各地の紬なども需要が高いです。 着物は種類が多いですがそれぞれに需要があり着物好きの方が利用されることも多いので、模様が古いとかずっとタンスにしまってあって古いなどは気にせずに着物買取りに出すことをお勧めします。

What's New

2015/10/20
男性着物の人気上昇 着物買取では女性=染め、男性=織りを更新しました

2015/10/08
男性着物の人気上昇 着物買取では女性=染め、男性=織りを更新しました

2015/10/06
背紋は魔除けの意味も!明治以降に統一された礼装も着物買取で売却できるを更新しました

2015/10/06
洋服と違う着物買取豆知識:奈良時代の衣服令が背景にを更新しました

2015/10/06
着物買取に五つ紋、黒羽二重、色紋付、 角帯、 羽織と男着物はあるの。を更新しました

2015/10/06
お召や紬、ウール、角帯、羽織袴などの男性着物は着物買取店に売却可能を更新しました

2015/10/06
着物買取の木綿・ウール・麻で仕立てた単・丹前などの男性着物を更新しました

2015/10/06
男性着物の人気上昇 着物買取では女性=染め、男性=織りを更新しました

2015/10/06
背紋は魔除けの意味も!明治以降に統一された礼装も着物買取で売却できるを更新しました

2015/10/06
洋服と違う着物買取豆知識:奈良時代の衣服令が背景にを更新しました