お召や紬、ウール、角帯、羽織袴などの男性着物は着物買取店に売却可能

着物買取店では男性用着物も取り扱っており、使用していないものを持ち込むことで売却することが可能です。 男性用着物としては、大きく分けて礼装用と外出着用のものがあります。

礼装用の着物は紋付羽織袴で、黒羽二重五つ紋長着、黒羽二重三つ紋羽織、袴下角帯など格式の高い装いのものとなります。 結婚式のお召し物としては、葬式、またはその他の公式の場において着用する衣装として使用されます。

略式の礼装として、無地のお召か紬などの着物に袴を合わせる形となります。 着物には紋を付けずに、羽織りのみに紋の縫い紋を付けて着用をします。 外出着としてはお召が最適なものとなっていて、外出着の場合には袴を使用しない着ながしと袴姿があります。

着物を着用する場所や相手によって、格式が問われる場に着用するときには袴姿で、くだけた状態でも良い場であれば着ながしを着用します。 袴の産地としては八王子や西陣、仙台、米沢などがあって、袴の形にはまち付き袴や行燈袴があります。

角帯はフォーマルな帯として捉えられており、羽織や袴姿のとき、または普段でも改まったときに使用します。 男性用着物としては、街着、普段着、浴衣が外出時に着用するものとして適しています。

紬は先染め織物で、元々は自分で織って生活着として使用していたものとなり、絣は組み合わせによって模様が構成されているもの、ウールは手入れが簡単にできる家着です。 外出着として使用される紬、絣、ウールも着物買取店に売却することが可能です。

庶民一般に広く着用されて愛されている浴衣に関しても、着物買取店で取り扱っているところが多く、使わなくなってしまったときには査定を受けて買い取ってもらうことができます。 着物買取店における買取価格の基準としては、色や柄の人気や流行によって査定が変わります。

サイズによっても買取価格は変わるもので、裄や身丈が大きいものの場合には査定価格が高くなります。 小さいサイズ、裄丈が短いものに関しては着物買取店での査定価格が低くなる可能性があります。

着物を丁寧に取り扱って綺麗な状態で保存されているものや、シミ、汚れなどが少ないものであれば査定価格が高くなります。 人間国宝による織物や指定作家物、ブランドとして高い価値の評価を受けている産地物については高額買取をしてくれますので、使用せずに持っているものがあるときには着物買取店に売却することで現金化できます。 着物は高額な価値のあるものですので、直接的に店頭まで持ち運びをしたくない人の場合には、出張買取の方法を選択することによって、着物買取店のスタッフに自宅まで来てもらえるので安心して買い取ってもらうことが可能になります。