着物買取に五つ紋、黒羽二重、色紋付、 角帯、 羽織と男着物はあるの。

着物買取では、男着物も買い取ります。 また、アンティーク着物や角帯、江戸時代からの着物まで買い取る事で、リサイクル着物になります。

着物買取と言われているけど、実際は中古品の着物を仕立て直してから販売しているので、 今風で言うとリサイクル店になります。 ですが、着物専門のリサイクル店なので、着物買取には珍しい着物や正装用の着物など着物買取にあります。

男着物の和の礼装として、祭りや伝統行事を除くと、結婚式の新郎であり父親、仲人など着ます。 そして、成人式、大学の卒業式など公の式典の席など、かなり改まった場所に限られます。

ですが、男着物で和の正装は、非常に見栄えが良く、着流しで着こなすと更に魅力的になります。 男性の和装着物の中で第一礼装とは、最上格の着物になります。

黒羽二重、染め抜き五つ紋付き、長着と羽織り、仙台平の袴をつけた服装が第一礼装です。 ですが、男性の場合は、これを喪服にも用いますが、細部は地方によって異なります。 そこで、第一礼装に取り合わせる和装リストを着物買取に聞いた方が良いかと思います。

また、リストの説明として、多少なりとも参考になればいいかと思います。

長着と羽織りは、白地に羽二重を黒に染める事によって、黒羽二重と言われ用いています。 また、礼装和服の中で男性着物として、数少ない染め物着物です。 夏の場合は、絽の着物なります。

紋は日向紋に染め抜いた物が正式です。 紋の数は最高として五つ紋ですが、紋として使われるのは、家紋になります。 家紋は自分の家に代々受け継がれています。 その家の家紋を使いますが正確な家紋がわからない場合は、自分好みのデザインを紋として付けても問題はありません。

黒紋付きの長着には本来、白羽二重の下着を重ねて着ます。 現在は、襟だけ重ねて見える様に比翼仕立て(簡易)です。

それは、江戸時代前から正装の下着は全て白で統一されていました。ですが、昨今では簡略化して名残が残こす形として、 裏地の襦袢、半襟、足袋など白に揃える事によって今でも、受け継がれています。

羽織りの裏は、新郎だけ裏が白羽二重が正式になります。 それ以外では、羽二重、絵羽模様を額裏を使いますが、昨今では、拘わりがありません。 また、紐は丸組で白が正式ですが、平打ちでも問題はありません。 喪服の時は、黒かグレーにしますが、一般でも白でも構いません。

色紋付きは、黒紋付きの略式になります。女性の色留袖と同じと思っていただければいいかと思います。 また、男性の着物でも色も地味な着物の中では、個性が出やすい着物です。 色紋で五つ紋であれば、花婿の装いとして使われます。

帯は、博多や西陣などの角帯です。また、紋織や献上柄の薄い色を締めます。 夏は、絽や紗など夏帯を使い締めます。

女性の着物が華やか着物に対して、男性の着物は地味で無地が多いけど、着流しとして着こなせれば魅力的になる 着物です。